クレイセラピー

花粉症対策自然療法

花粉でつらい目や鼻が楽になる|クレイですっきりさせる方法

花粉の季節、こんなことで悩んではいませんか?

くしゃみや鼻水が止まらない。

目がかゆくてたまらない。

頭がぼーっとして重たい感じがする。

花粉症

なるべく薬に頼らずに花粉症を楽にしたい方へ

自然療法のクレイセラピーで花粉症をケアする方法をお伝えします。

私も、あなたと同じ悩みがありました。

yukiko
処方された目薬で目が腫れたり、点鼻薬の刺激でくしゃみが止まらなくなってきたのです。

そこでもっとおだやかに花粉症をケアできるものはないかと、自然療法をいろいろと試してみました
そして見つけたのが「クレイセラピー」なんです。

yukiko
クレイで足湯して顔と首をパックすると楽になる!

クレイで、花粉症が楽になるのはなぜ?

クレイとは太古の昔、地球上で爆発した火山灰と溶岩が海底や谷底に積み重なって、長い時をかけ巨大な圧力を受けながら熟成してできあがった粘土のことです。

・クレイのひと粒の大きさは約0.002ミリと粒子が細かいので、皮膚の奥の真皮層まで働きかけます。
炎症や老廃物、疲労物質(電磁波を含む)などの毒素(プラスイオン)を吸収して、マイナスイオンを与えて浄化してくれます。

花粉症のケアには、クレイの品質が大切

クレイ

採掘場所や内容成分などの管理がしっかりとされた、医療品グレードや化粧品グレードのクレイを使うことが大切です。

品質の良いクレイを使うことで、皮ふ組織の浄化を3日間続けていく作用が期待できます。

クレイセラピーで花粉症を楽にしたい方へ

ローズガーデンサロン

福岡の大野城と那珂川にあるローズガーデンサロンでは
花粉症予防の食養生や自然療法を学んで、クレイセラピーを体験する「クレイで花粉症ケア」を提供しています。

クレイで花粉症ケアの内容

花粉症予防として役立つ食養生や自然療法

花粉症のお悩みを軽くしていくための日頃の食養生や、自然療法で予防していく方法をお伝えします。

yukiko
2020年3月現在、食養生やクレイの早めのケアで花粉症の症状がほとんどなくなりました

クレイの足湯

クレイを入れたお湯に足をひたすことで、生活で少しずつ体内にたまってくる毒素(化学物質、食品添加物など)を足の裏から排出してくれます。

顔と首のクレイパック

炎症を鎮静してくれるクレイを使って、たっぷりとした厚みのあるパックを行います

クレイで花粉症ケアを詳しく見てみる

使用するクレイについて

クレイセラピー

ローズガーデンサロンではフランスで医療品グレード、国内で化粧品グレードに認定されている高品質なフランス産のクレイを使用しています。

クレイはフランスの環境保護地域で採掘されたもので、高純度かつ超微粒子の特長を持ちます。

お客様の感想

花粉症対策として、クレイパックを体験しました。
クレイの中でも、毒素を排出しやすいというグリーンイライトでパックをしてもらうと、光が完全に遮断されて静かな暗闇のひとときになりました。
冷んやりとしていて、しっとりした適度な重さが心地よく、いつのまにか眠ってしまいました。
終わった後は、肌がスッキリして色も白くなったみたい!
これから花粉の季節ですが、今後が楽しみです。(M.T様)

まとめ

春や秋は、花粉に悩まされることなく季節を楽しみたいですね。

血液は120日間かけて入れ替わるといわれ、花粉症対策には日頃の食養生や自然療法の予防ケアが大切です。

花粉症でつらい時にも役立つ自然療法のクレイセラピーを体験してみてはいかがでしょうか。

ローズガーデンサロンで「クレイで花粉症ケア」を体験

クレイで花粉症ケアを詳しく見てみる

 

無料E-book『バラの花と香りで喜びに満たされる方法』
バラの活用法 無料E-book バラの花と香りで喜びに満たされる方法

忙しい日々を送っていて、お疲れ気味ではありませんか?

バラの花と香りで心身を癒し、至福のひとときを楽しむために
様々な活用方法をご紹介しています。

無料E-book『バラの花と香りで喜びに満たされる方法』をご希望の方は
下記のフォームにご記入の上お受け取りください。

お名前(必須)  

メールアドレス(必須)

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

The following two tabs change content below.
バラの香り療法専門家・ローズセラピスト田中由紀子
「バラの香りと味わいでほっと一息深呼吸して、笑顔になっていただきたい」という想いから、ローズガーデンサロンオーナーの田中由紀子がオーガニックで育てたバラのアイテムやサービス、講座を提供しています。 →詳しいプロフィールはこちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。