バラのオイルとローション

バラのオイルで作る癒しのローズクリーム

一日の始まりと終わりに、バラの香りとエッセンスがたっぷり入ったクリームをお肌にまとうと、心もからだも癒され、喜びと豊かさに満たされていきます。

ローズガーデンサロン福岡では、バラのオイルで作るローズクリーム講座を開催しています。

 

クリームに使用するホホバオイルの特徴

保湿、皮脂の調整、紫外線から守る、炎症をおさえる効果

 

 

 

 

 

ホホバはアメリカやメキシコの砂漠に自生する木で、その種子から採れます。

オイルと呼ばれていますが、脂肪酸とアルコールが結合した液状ワックスの性質を持ちます。

きわだって酸化しにくく、肌になじみやすくさっぱりした使い心地

皮膚呼吸をさまたげることなくうるおいを保ち、皮膚の余分な分泌をおさえながら、水分と皮脂を調整していきます。

 

バラの芳香成分(精油)がお肌に与える効果

肌荒れ、乾燥、しわ、しみ、湿疹、皮膚のアレルギーを鎮める、乾燥肌の保湿と強壮

 

 

 

 

 

保湿を促し、情緒の不安などのストレスによる肌トラブルをやわらげ、皮脂の分泌を調整してくれます。

 

バラの芳香成分(精油)が心に与える効果

鎮静、多幸感、浄化作用

愛あふれるやさしい香りは、心を癒しながら幸福感で満たしていきます。

起きた事実は変わらないけれども、受けとめていくことを楽にしてくれる香りです。

 

情熱の覚醒、困難を乗り越える勇気

癒しの香りであると同時に、内面の情熱を呼び覚まします。

本来の明るさや強さを思いだして、困難を乗り越える勇気がわいてくるように心を後押ししてくれます。

 

 

 

 

 

 

ローズクリームは、3種類のバラの精油の香りを選んで作ることができます。

バラのオイルで作るローズクリーム講座のご案内

 

5年以上ご愛用いただいている、お客様のご感想

・由紀子さんのローズクリームに出会ったのは、5年ほど前で顔のトラブルが治り落ち着いてきた頃でした。

それまでは、若いころから何を使っても平気だったのに、皮ふが赤くなりブツブツができ始めて、皮膚科の内服薬と塗り薬で1年以上かかって、それから化粧品は色々使えなくて困っていました。

ローズクリームを使いだしてから冬場のかさつきも無くなり肌にしっとり感がでたようです。

娘から「何か肌、きれいじゃない?」といわれることがあります。(A.O様)

 

まとめ

 

 

 

 

 

いにしえから女性のこころとからだに寄り添い、勇気を与えてきたバラ。

心の状態にあったバラの香りクリームにして、香りとエッセンスをお肌にとりいれていくと、心も癒して満たしてくれます。

バラのオイルで作るローズクリーム講座のご案内

 

バラの香りとエッセンスで、心安らぐひとときをお楽しみください。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
バラと癒しの専門家・ローズセラピスト田中由紀子
いにしえから女性のこころとからだに寄り添い、勇気を与えてきたバラ。 そんなバラの花と香りは、心を癒して満たしてくれます。 ローズガーデンサロン福岡では、バラと自然療法で 訪れる方に癒しと至福のひとときを提供しています。 →詳しいプロフィールはこちら
バラと癒しの専門家・ローズセラピスト田中由紀子

最新記事 by バラと癒しの専門家・ローズセラピスト田中由紀子 (全て見る)