からだを浄化するローズウォーターとローズヒップの効果

The following two tabs change content below.
ローズセラピスト 由紀子
いにしえから女性のこころとからだに寄り添い、勇気を与えてきたバラ。 そんなバラの花と香りは、心を癒して満たしてくれます。 ローズガーデンサロンでは、バラのアイテムと各種ヒーリングで 訪れる人に癒しと至福のひとときをご提供しています。

バラB

 

バラがいにしえから人々に愛され使われてきたのは、どんな効能があるからでしょうか。

今回は、ローズウォーターとローズヒップ(バラの果実)の薬用の歴史についてお伝えします。

 

バラの起源

約30万年前、中央アジアから中近東にかけて野生のバラが広がっていたと推測されています。

 

古代ローマ

体内の浄化と毒素の排出

古代ローマ人は、二日酔いに備えてローズウォーターを飲むことで、肝臓のアルコールを中和していたそうです。

 

中世ヨーロッパ

消毒作用

蒸留器

中世の教会や修道院は、ローズウォーターを消毒液として利用していました。

 

肺の疾患や喘息に

パリ郊外の町で栽培されていた赤いバラのロザ・ガリカは

「薬剤師のバラ」と呼ばれ、砂糖漬けしたものは600年にわたって輸出されました。

 

第2次世界大戦中のイギリス

ビタミンC補給

rose-hip

野菜の輸入がとぎれたことから、ローズヒップ(バラの果実)がビタミンC不足に代用されたそうです。

 

明治前の日本

利尿作用

日本はバラの自生地としても、世界的に有名で

ノイバラ(野バラ)の果実は利尿作用の目的で使われ、現在も漢方として利用されています。

 

まとめ

さまざまな目的で使われてきたバラ。

現代に生きる私たちも、一度見直してみることもよいかもしれませんね。

 

心を癒すバラのメルマガ登録

 

ローズガーデンサロンのご案内

ミサト 750幅

大野城市と那珂川町でバラを育てながら、心安らぐバラの花と香りの癒しのサロンを開いています。

 ローズガーデンサロン

営業時間 10時から16時

定 休 日 平日不定休

最 寄 駅 西鉄下大利駅、JR大野城駅、新幹線博多南駅

プライベートサロンのため、場所の詳細はご予約時にお知らせいたします。

出張もご相談に応じています(交通費別途にて)

お問合せ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

[CTA]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です