花粉症の季節は、自然療法でセルフケア

The following two tabs change content below.
ローズセラピスト 由紀子
いにしえから女性のこころとからだに寄り添い、勇気を与えてきたバラ。 そんなバラの花と香りは、心を癒して満たしてくれます。 ローズガーデンサロンでは、バラのアイテムと各種ヒーリングで 訪れる方に癒しと至福のひとときを提供しています。 →詳しいプロフィールはこちら

 

待ち遠しい春を迎える前のこの時期、花粉症の症状がでてくる方も多いですね。(実は私もなんですよ)

目や鼻のかゆみや炎症をやわらげるハーブウォーターや、自律神経のバランスを整えるマッサージなどの自然療法で、セルフケアしてみませんか?

 

芳香蒸留水であるハーブウォーターを使う

植物を蒸して発生した水蒸気を冷却することで、ハーブウォーターはできあがります。

芳香成分が水分にとけこんでいるので、粘膜などの敏感な部分にも使うことができるのですね。

おだやかな作用で再び注目されているハーブウォーター

 

ヤグルマソウの効能

最近ではカモミールよりも効果が高いので、花粉症の季節には品切れするところもあるというヤグルマソウ

鎮静、炎症をおさえる、保湿、眼精疲労を回復する効果があります。

心安らぐおだやかな香りとともに、うるおいを与えていきます。

 

自律神経を整えていくセルフケア

アロマヘッドヒーリング

生命の科学と呼ばれるアーユルヴェーダには、「頭部と頸部は、感覚と臓器の生命中枢である。」と記述されているそうです。

アロマヘッドヒーリングは、バラの香りも入ったお好みのアロマウォーターを選んで、頭皮から首や肩、脊柱の経絡(ツボ)をやさしくほぐしていきます。

とどこおっている不要なものを流すようにやさしく刺激することで、新鮮な酸素や栄養が頭にいきわたり、血行がよくなっていく効果があります。

自律神経に司令をだしている脳の働きがよくなることで、全身の調子が整いやすくなっていきます。

疲れを解放して、心安らぐアロマヘッドヒーリング

 

レイキヒーリング

手のひらを使って、全身の自然治癒力や免疫力を高めていく方法です。

レイキヒーリングについて説明している記事は、こちらです。

ストレスや緊張をやわらげ、解放するレイキヒーリング

 

食べ物の陰陽のバランスをとる

左右のどちらに症状が強いか

左目または左の鼻の場合は、甘いものやからだを冷やす食べ物(陰性)の食べすぎ

右目または右の鼻の場合は、動物性食品(陽性)の食べすぎとされています。

からだにたまった不燃物によって症状が強くでるようなので、バランスに気をつけてみることもおすすめですよ。

 

花粉症を自然療法でセルフケアしたい方に

ハーブウォーターで目と鼻をケアする方法(ハーブウォーターのお持ち帰りつき)

アロマヘッドヒーリングとレイキヒーリングで自律神経を整えて、自然治癒力を高めるセルフケアをお伝えします。

花粉症のセルフケア講座

 

ギフト券を使ってのご利用がおすすめです

ギフト券をご予約されると、半年間有効で

バラの癒しなどのメニューが、バラの和紅茶またはバラのはちみつのプレゼント付きでご利用になれますよ。

ギフト券 1

ギフト券 2

 

バラの花と香りで心安らぐ方法をお届けします「心を癒すバラのメルマガ」 詳しくはこちら

 

ローズガーデンサロンのご案内

大野城市と那珂川町でバラを育てながら、心安らぐバラの花と香りの癒しのサロンを開いています。

ミサト 750幅

 ローズガーデンサロン

営業時間 10時から16時

定 休 日 平日不定休 土日祝日はご相談ください

最 寄 駅 西鉄下大利駅、JR大野城駅、新幹線博多南駅
プライベートサロンのため、ご予約時に場所の詳細は連絡いたします。

出張もご相談に応じています。(交通費別途にて)

お問合せ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。



ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です