バラを使った商品

夏の余韻を楽しむお茶「バラの煎茶」

8月中旬に無農薬でバラを育てている京都のおくだばらえんさんで、バラの愛好家でもある片山雅美先生のバラづくしのワークショップに参加してきました。

バラの花と香りを入れたバスソルトを作り、何百枚ものバラの花の入ったバラゼリーやバラジャム、お茶をいただいて豊かな香りに心もからだも喜びにあふれたひととき…

そこでいただいたバラのお茶が忘れられずに、素敵なアイデアを分けていただいたことで、みなさまにバラの新作をご提供することにしました。

京都の竹村玉翠園本舗さんの煎茶に、スペアミントとローズガーデンで育てたバラをブレンド。

「バラの煎茶」と名付けました。

 

水出しして一口ふくむと、涼風が吹き抜けるような爽やかさが感じられます。

8月後半からの平均気温36度前後の暑さの中では、バラの煎茶を飲むことでとても楽になったんですよ。

澄んだひすい色のお茶を一口。

煎茶とバラの気品のあるお味のあとに、ミントの涼しさが残ります。

朝夕が涼しくなって秋のおとずれを感じるこの頃ですが、夏の思い出と余韻を楽しむこの季節にもぴったりです。

水出しでもお湯でいただいても、秋への準備を始める心とからだを癒しながらも励ましてくれます。

これからの季節、ほっとするお茶のひとときをどうぞお楽しみくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

The following two tabs change content below.
バラの香り療法専門家・ローズセラピスト田中由紀子
介護と育児で多忙な時期に育てたバラに心を救われた経験から、忙しい主婦の方へ心身を癒していただけるように、バラの香りの癒しのサービスやバラを味わう商品を提供しています。 →詳しいプロフィールはこちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。