バラを使った商品

バラのシャーベット

バラのシロップで作るローズシャーベット|心安らぐ至福の味わい

ローズガーデンサロンの田中由紀子です。

夏は、連日の猛暑にぐったりしてませんか?

私も炎天下での庭仕事の後は、外出する気にもなれませんでした。

由紀子

そんなある日、バラのシロップでローズシャーベットを作って食べてみると、バラの香りと味わいに癒され次の予定にとりかかる気力がわいてきたのです!

ローズシャーベットが楽しめるバラのシロップとは

バラのシロップ

30種類のバラの香りが溶けこんだシロップにほんの少しローズリキュールをブレンドした、心安らぐ味わいが楽しめるシロップです。

ローズシャーベットでこんなひとときが楽しめます。

バラのお茶会

一口で30種類のバラの香りと味わいに満たされる

日常の忙しさをひととき忘れ、バラの味わいに癒される

夏の暑さをやわらげてくれる華やかな味わいが楽しめる

身も心も美しくしてくれるバラの効果

バラ

”バラは外見だけでなく、内面も美しくする効果があると言われ、歴史上の名だたる人物がそれにあやかろうと試行錯誤し開発されてきました。
バラの香りは興奮と鎮静の両方の効果を持つと言われており、昔から精神の安定を図るものとして用いられてきました。
そのほかに、整腸作用、ホルモンバランスの安定、抗酸化作用、アンチエイジングなども香気成分や含有成分から効果を期待されています。”
参考文献「薔薇のパルファム」蓬田勝之、石内都 著 求龍堂

バラのシロップと梨を使ったローズシャーベットの作り方

バラのシャーベット

材料(2人分)

梨        100g
バラのシロップ  50ml
白ワイン     20ml
レモン果汁      5ml
水         120ml
ゼラチン     小さじ1/2(大さじ2の水でふやかしておく)

レシピ

1 梨を細かくさいの目に切って鍋に入れ、バラのシロップを加えて火にかけ沸騰したら弱火で3分煮る。

2 白ワインを加えて沸騰させ、レモン果汁を加える。
※(無農薬でバラを育てている方は、咲いている花びら5gをぜひ加えてみて下さい!)

3 水とふやかしたゼラチンを加えて火を止める。

4 粗熱をとってミキサーで細かくして容器に移して、冷凍庫へ。

5 4時間冷凍したら、全体をかき混ぜて再び冷凍させてできあがり。

お客様のご感想

バラのお茶会

「シャーベットをすくったスプーンが口の近くに来たらバラの香りが漂って口に入れる前から幸せ感を味わいました😍🌹🎶」Y.N様

「ほんのり、バラの香りがして優しい味。冷たくてサクサク、美味しく頂きました。幸せな気持ちになれたのは、きっとバラ入りだからでしょう‥💕」M.N様

バラのシロップに使用しているバラについて

バラのナエマ

由紀子
私、田中由紀子が2010年から福岡県大野城市と那珂川市の自然のもとでオーガニック栽培している30種類の香り高く、色美しいフランスと日本のバラを使用しています。

バラのシロップで楽しむ夏のスイーツ

バラのシャーベット

暑い季節に家事やひと仕事終えた後や汗だくで外出先から帰った時に、作っておいたバラのシャーベットを一口。

バニラアイスクリームにバラのシロップをかけると、バラ香るアイスに変身。

どちらも一口でひんやりとしたバラの香りと味わいに満たされ、自然とほほえみがこぼれます。

由紀子
夏のひととき、ご自身のためにバラのシロップで手作りデザートを作ってみてくださいね。

詳しいご案内はこちらから

無料E-book『バラの花と香りで喜びに満たされる方法』
バラの活用法 無料E-book バラの花と香りで喜びに満たされる方法

忙しい日々を送っていて、お疲れ気味ではありませんか?

バラの花と香りで心身を癒し、至福のひとときを楽しむために
様々な活用方法をご紹介しています。

無料E-book『バラの花と香りで喜びに満たされる方法』をご希望の方は
下記のフォームにご記入の上お受け取りください。

お名前(必須)  

メールアドレス(必須)

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

The following two tabs change content below.
「バラの香りと味わいで、ほっと一息ついて笑顔になっていただきたい」という想いから、福岡の大野城と那珂川で自ら育てているオーガニックローズを専門に、心に安らぎをお届けするオンラインショップを運営。サロンでは体験講座やセラピーサービスを提供しています。 →詳しいプロフィールはこちら

最新記事 by バラの香り療法専門家・ローズセラピスト田中由紀子 (全て見る)

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。