クレイセラピー

足の冷え

足のしもやけに効果あり!|クレイパックとクレイの足湯

毎年冬になると、足先の「しもやけ」に悩まされていませんか?

からだの循環と排せつにも大きく関わっていて、縁の下の力持ちのような働きをしてくれている「足」。

足が悲鳴をあげ始めたら、クレイパックと足湯でケアしていくと効果的です。

しもやけとは

医学誌で、このように説明されています

「しもやけは寒冷曝露によって四肢末端あるいは耳介などに発症する局所的炎症であり、発赤、痒み、痛みを伴い、時には自壊して浸出液を見る比較的ありふれた異常である。」

一部引用 日東医誌論説

しもやけの予防にクレイ

クレイとは

クレイ層

クレイは太古の昔、地球上で爆発した火山灰と溶岩が海底や谷底に積み重なって、長い時をかけ巨大な圧力を受けながら熟成して出来上がった粘土です。

超微粒子のクレイは体内にたまった炎症や老廃物、有害物質などを吸収し体外に排出することでからだの機能を活性化し、皮ふの再生治癒力を高めて傷跡を早く癒してくれます。

クレイの豊富なミネラル成分が体内に導入されるクレイセラピーは、血流やリンパの流れが促されることでおだやかに自然治癒力が目覚めていく効果を実感することができます。

クレイを使った入浴または足湯で予防

レッドイライト

クレイのレッドイライトには、血行促進作用があります。

足の冷えを感じる季節になったら、しもやけの予防としてレッドイライトをお風呂や足湯に使ってみましょう。

しもやけになってしまったら

クレイパックと足湯でケア

ホワイトカオリン

鎮静、鎮痛、保湿、細胞再生作用があるホワイトカオリンを使います。

足裏や足先のクレイパックを行った後に、お湯にホワイトカオリンを入れた足湯を数回繰り返すと効果的です。

足のクレイパックと足湯を体験されたお客様のご感想

福岡の大野城と那珂川にあるローズガーデンサロンでは、クレイセラピーの「足のクレイパックと足湯」を提供しています。

足のクレイパック

クレイの足湯

冷え冷えで感覚もなかったのが、激変🙌

私の足じゃないみたいにすごーくきれい単に温まったとかではなく、細くなったっていうか、ひとまわり小さくなった感じ

これがむくみがなくなったってことかな?足の甲と裏側、肉がなくなった感じ。うまく言えないけど🤣すごい‼️

しかも‼️体の疲れが取れてめちゃくちゃ元気足裏ってすごい大切

丁寧な施術、ありがとうございました💕」H.T様

お客様のご厚意により、ご自身で撮影された写真をお借りして掲載しています。

しもやけ
クレイパック前

クレイパック後の足
クレイパック後、ご自宅でクレイの足浴を2回行った後

 

足のクレイパックを詳しくみてみる

 

使用しているクレイの品質

クレイ

ローズガーデンサロンではフランスで医療品グレード、国内で化粧品グレードに認定されている高品質なフランス産のクレイを使用した施術を行っています。

まとめ

足の冷え、しもやけ

女性は「冷え」に悩まされる方が多いものです。

由紀子
毎年のことだからと「冷えやしもやけ」を我慢されていませんか? 

 

超微粒子のクレイは皮ふ組織の中にとどまり、疲労物質や老廃物を3日間かけて浄化し必要なミネラルを補給し続けることで、炎症をおさえて心身の疲れを癒し、新たな活力を与えてくれます。

第2の心臓ともいわれる大切な「足」。

冬の足のお手入れに「大地の恵みの自然療法 クレイセラピー」をどうぞお役立てください。

クレイ

大地の恵みで足を癒す「足のクレイパック」

2020年3月末まで
クレイとカレンデュラクリーム
プレゼントキャンペーン

足のクレイパックを詳しくみてみる

 

 

 

無料E-book『バラの花と香りで喜びに満たされる方法』

バラの活用法 無料E-book バラの花と香りで喜びに満たされる方法

忙しい日々を送っていて、お疲れ気味ではありませんか?

バラの花と香りで心身を癒し、至福のひとときを楽しむために
様々な活用方法をご紹介しています。

無料E-book『バラの花と香りで喜びに満たされる方法』をご希望の方は
下記のフォームにご記入の上お受け取りください。

お名前(必須)
 

メールアドレス(必須)

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

The following two tabs change content below.
バラの香り療法専門家・ローズセラピスト田中由紀子
「バラの香りと味わいでほっと一息深呼吸して、笑顔になっていただきたい」という想いから、ローズガーデンサロンオーナーの田中由紀子がオーガニックで育てたバラのアイテムやサービス、講座を提供しています。 →詳しいプロフィールはこちら

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。