日本のバラを和風庭園に植えはじめたきっかけ

 

なごみ、やわらげ、和を結びまわりを引き立て、自らも存在する和バラ

バラ作家 國枝啓司さんが、生みだした新しい日本の和バラ。

ヨーロッパでも人気がでてきている和バラの美しさが表現されている言葉です。

 

両親がのこしてくれた和風庭園

日本のバラを活かした和の庭づくりを心に決める

大野城市の庭と同じように、フレンチローズガーデンに仕立てようと考えていたのですね。

その時期に、いにしえからの日本文化を愛する女性から言葉をいただきました。

「日本の美は世界的に貴重なもの。
日本独自のすばらしいバラはたくさんあります。
あなたは、和と洋のバラを結ぶ庭を作るでしょう。」

それからローズコンシェルジュである園芸店のオーナーの多大なアイデアと助けを借りて、和の庭の改修と和バラの植え付けを始めました。

うっそうと茂りすぎた木を整理してあらわれたものは、趣深い庭石や石灯籠の数々でした。

空間の間合いに、想像をふくらませることのできる静かな内観の庭

季節ごとの果実の恵み

和の庭には、年数を経た椿や山茶花、小梅、さくらんぼ、柿の木があって季節ごとの楽しみがあるんですよ。

庭に行くと木の剪定をしている父や庭の草取りをしていた母の姿をふと思いだして、感謝の思いで胸がいっぱいになります。

 

日本の和バラと草花のいぶき

2015年の春から植えた和バラのいおり、ゆうぜん、かおりかざり、こはる、あおい、日本の草花たち。

和の庭は、私の心と一緒にゆっくりと育ちそれぞれのタイミングで花を咲かせています。

 

バラの育て方

太陽や雨風、土、季節風、虫たちとともに育つ無農薬・オーガニック栽培

私が育てているバラは、太陽や雨風、土のめぐみ、季節風、虫たちに直接ふれることで生きています。

日当たりや風のふきぬける場所など、植えている環境はバラごとに違うんですね。

置かれた環境で、それぞれの時期が熟したときにつぼみをつけていきます。

バラにはそれぞれ個性があり、すべてがいっせいに満開というタイミングはありません。

 

バラを育てるには厳しい福岡の気候

猛暑と豪雨が続くときもある夏、日本海側に近いことから強い風雪にあう冬。

そんな気候をたえぬいてバラたちは、虫たちに葉やつぼみを食べられながらも、けなげに花を咲かせていきます。

両親からのギフトである庭で、バラと香りの美しさに立ちあえる季節は感動の連続でもあります。

 

咲いた和バラをたのしむお茶会

2017年の和バラが咲く季節に、和の庭でのお茶会を予定

最近、「和の庭に咲く和バラをみたい」との声をいただいています。

お待たせしていた方々のためにも、今年の春にはお見せできるように準備を進めていますよ。

 

バラの花と香りで心安らぐ方法をお届けします「心を癒すバラのメルマガ」 詳しくはこちら

 

ローズガーデンサロンのご案内

大野城市と那珂川町でバラを育てながら、心安らぐバラの花と香りの癒しのサロンを開いています。

ミサト 750幅

 ローズガーデンサロン

営業時間 10時から16時

定 休 日 平日不定休 土日祝日はご相談ください

最 寄 駅 西鉄下大利駅、JR大野城駅、新幹線博多南駅
プライベートサロンのため、ご予約時に場所の詳細はご連絡いたします。

出張もご相談に応じています。(交通費別途にて)

お問合せ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。

The following two tabs change content below.
ローズセラピスト 由紀子
いにしえから女性のこころとからだに寄り添い、勇気を与えてきたバラ。 そんなバラの花と香りは、心を癒して満たしてくれます。 ローズガーデンサロンでは、バラのアイテムと自然療法で 訪れる方に癒しと至福のひとときを提供しています。 →詳しいプロフィールはこちら


ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です