時代をこえて愛されてきたバラの香りの効果

The following two tabs change content below.
ローズセラピスト 由紀子
いにしえから女性のこころとからだに寄り添い、勇気を与えてきたバラ。 そんなバラの花と香りは、心を癒して満たしてくれます。 ローズガーデンサロンでは、バラのアイテムと各種ヒーリングで 訪れる方に癒しと至福のひとときを提供しています。 →詳しいプロフィールはこちら

 

バラB

 

いにしえから現代まで、人々をとりこにしてきたバラ

バラの香りにはどのような効果があって、使われてきたのでしょうか。

時代をさかのぼってみましょう。

 

古代エジプトの外交にもバラの効果

美肌作用・媚薬としての催淫効果

クレオパトラ

クレオパトラはバラを浮かべたお風呂に入り、寝室にはひざの高さまで

バラをしきつめていたといわれています。

バラの香油も全身に使って美しさを磨き、他国の英雄をとりこにしてきました。

 

バラ吹雪が舞う古代ローマ時代

幸福感を与え、よい睡眠をうながす効果

宮廷の泉にはローズウォーターがわき、バラ入りのワインやプリンを楽しみ、バラの枕で眠ったそうです。

公衆浴場もバラで満たされ、祭りの日の街にはバラの花がまかれたといわれています。

 

中東、中世ヨーロッパでは、祈りや瞑想の助けになったバラ

緊張やストレスをやわらげる鎮静効果

マリアA

ペルシャの戦士は、赤いバラで自分の盾を飾り

結婚式では幸せであるようにと、バラがまかれました。

白いバラと赤いバラは、イスラム世界やキリスト教のシンボルに使われています。

 

江戸時代中期から始まったバラ水の利用

保湿・皮膚の再生作用

平賀源内は1763年に、蒸留装置「らんびき」でバラの花を蒸して

「薔薇露(しょうびろ)」と呼ぶバラ水を作ったと記しています。

1813年の「都風俗化粧伝」には、らんびきがない場合に

お茶椀とやかんで花を蒸して、化粧水をつくる説明が記録されています。

 

まとめ

バラの装飾的な花をいっそうひきたてるのは、心をひきつける美しい香り。

香りが持続する特性があるゆえに、花の女王とも呼ばれているのですね。

ヴィーナス

美と愛の象徴である女神ヴィーナスやアフロディーテ、聖母マリアなど

神聖な女性たちと深い結びつきがある、聖なる存在のシンボルでもあるバラ。

 

バラの花と香りで心安らぐ方法をお届けします「心を癒すバラのメルマガ」 詳しくはこちら

 

ローズガーデンサロンのご案内

大野城市と那珂川町でバラを育てながら、心安らぐバラの花と香りの癒しのサロンを開いています。

ミサト 750幅

 ローズガーデンサロン

営業時間 10時から16時

定 休 日 平日不定休

最 寄 駅 西鉄下大利駅、JR大野城駅、新幹線博多南駅
プライベートサロンのため、ご予約時に場所の詳細はご連絡いたします。

出張もご相談に応じています。(交通費別途にて)

お問合せ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします。



ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です